Furukawa Electric Innovation history

since 1884

古河グループの創始者である古河市兵衛は、「日本を明るくしたい」という想いで新しい日本づくりに邁進しました。

私たちは市兵衛の想いを継承して「世界を明るくする」ことに大きな使命感を抱いています。

これからも古河電工グループは、絶え間ない技術革新によって、
当社グル—プの理念として掲げた「持続可能な社会の実現」に貢献してまいります。

  1. 1884
  2. 1900
  3. 1960
  4. 2000
  1. 創業・黎明期
  2. 日本の社会インフラ整備に貢献
  3. 海外への進出
  4. グローバル展開を加速

1884~ 創業・黎明期

当社の起源は、1884年に古河市兵衛が東京・本所で始めた精銅業と、同時期に横浜・高島町で山田電線製造所が電線製造を開始した時期に遡ります。

古河グループの創始者である古河市兵衛は1832年(天保3年)京都に生まれ、持ち前の商才から当時豪商であった小野組の重役となりました。1877年に足尾銅山の経営に着手。幾度かの危機を乗り越え、日本一の大銅山に発展させました。

当社の社章である「ヤマイチ」マークはこの年に「鉱業専一」(鉱山業に専念すること)として制定されたものです。

その後、1890年に我が国最初の本格的水力発電所を建設するなど、欧米の最新の技術を導入し、業容を拡げ、古河グループの基礎を築き上げました。

本所鎔銅所、山田電線製造所の開設

日本初の電気分銅の試験操業を開始

電気銅線製造を開始

本所鎔銅所、山田電線製造所の開設

数々の困難を乗り越えて足尾銅山の成功を成し遂げた古河市兵衛は、産出粗銅の不均質を改善するため、1884年に本所・深川への鎔銅所設立を決意します。同時期に横浜で、ゴム被覆電線の製造方法を研究していた発明家の山田与一は、横浜・高島町に電線製造工場を設立しました。

当社はこの2つの事業発祥をもって、創業の年としています。

電気銅線製造を開始

この時期は、明治政府の電話事業拡張計画による長距離通信線の敷設計画が次々と計画され、電灯電力線のみならず、通信用電線の需要も高まりました。

当社はいち早く本所鎔銅所での電気銅線製造に着手、当時としては最新鋭の銅線製造工場を設立しました。この本所鎔銅所での銅線製造は、その品質の高さから順調に製造量を拡大し、明治黎明期における日本の社会インフラ整備に大きく貢献しました。

1900~ 日本の社会インフラ整備に貢献

当時、まだ未成熟だった日本国内の電力・通信需要に応えるため、当社はゴム電線や綿巻線などの製造を拡大し、1915年には国産初となる海底電線を製造しました。その後も、当時最大の電波塔であった東京タワーにアンテナを設置するなど、世界最高品質の技術力で日本の社会インフラ整備を支えてきました。

この一方、1911年に鉛蓄電池の研究開発を開始し、1917年に横浜護謨製造(現在の横浜ゴム)、1923年には富士電機製造(現在の富士電機)、1959年には古河アルミニウム工業(現在のUACJ)を設立するなど、事業の多角化にも早くから取り組んできました。

日本初の海底電線を製造

対馬海峡に世界初の無装荷搬送海底ケーブルを敷設

東京タワーにアンテナ・給電線を設置

日本初の海底電線を製造

非常に高い耐久性が求められる海底電線の製造は、当時の技術者たちの大きな目標でした。この頃、海底電線を製造できるメーカーは、欧州の電線製造会社に限られていましたが、相次ぐ戦乱によって、輸入品が途絶え、その国産化が求められていました。

当社は、試行錯誤の上に海底通信用電線の製造に日本で初めて成功、備讃海峡の8海里に敷設しました。その後も中国大陸との間に通信用海底電線を製造・敷設するなど、国内外で数多くの実績を積み重ねてきました。

東京タワーにアンテナ・給電線を設置

本格的なテレビ放送時代の幕開けとなった東京タワーの建設。日本が戦後復興を経て、昭和30年代の高度経済成長によって発展を遂げた時代でした。

1964年には東京オリンピックも開催され、人々はテレビから流れる情報で活気にあふれ、暮らしが一層豊かになり近代化に拍車がかかりました。現在もその威容をもってそびえたつ東京タワーのアンテナは、当社の放送関連事業プロジェクトに大変意義ある足跡を残しました。

後年、スカイツリーのアンテナにも当社の技術が活かされています。

1960~ 海外への進出

当社の技術力を世界に広めたいという思いから、この時期から本格的に世界市場への挑戦を開始しました。中東・東南アジアなどで実績を積み重ねつつ、東南アジアから遠くブラジルにまで製造工場を建設、今日に至るグローバル化の礎を築きました。

また、1987年には、新たに横浜へ研究所を新設し、世界をリードする様々な新技術・新商品を生み出してきました。

全自動高精度6段圧延機を開発

タイ・バンコク市内の通信網を整備

世界初の光ファイバケーブルのフィールド試験に成功

ブラジルにアルミ電力ケーブル製造販売会社を設立

イラン大型送電線工事を完成

世界で初めて光ファイバ複合OFケーブルの実用化に成功

全自動高精度6段圧延機を開発

当時、太平洋を横断する海底電話線同軸ケーブルの遮蔽材には、当社の銅条が大量に使われていました。この銅条には高い板厚精度が必要とされ、さらに当時としては驚異的な長尺品でした。当社は、この遮蔽材の供給体制を整えるため、超高精度圧延機を自ら設計・製作し、無事に納入責任を果たしました。

その後1964年には「全自動高精度6段圧延機」という画期的な圧延機を完成。シンプルな構造でありながら、20段圧延機に匹敵するほどの性能を持ち、さらに完全自動運転を実現させました。この圧延機の優秀性は学会でも高く評価され、1940年度の日本機械学会賞を受賞しました。

現在もこの全自動高精度6段圧延機は稼働を続けており、その銅条製品は高級腕時計の心臓部等に不可欠な精密部品として使われています。

タイ・バンコク市内の通信網を整備

当時、タイで社会インフラの最重要基板に位置付けられたのが、バンコク市内の通信回線増設計画でした。1968年に当社は、タイ国の電話公社から打ち出された電話増設計画を世界的な有力企業を競合相手にする中、受注に成功しました。

工事はバンコク市内21局、12万2500端子の市内電話網を建設するという通信ケーブル輸出史上最大のプロジェクト。当社は予定通り、27か月の工期でこの大型プロジェクトを完成させ、当社の技術力が世界に通用することが証明されました。

この成功により、海外プロジェクトに関するノウハウも養成され、その後のグローバル展開に繋がっていきました。

世界初の光ファイバケーブルのフィールド試験に成功

電気信号を光の強弱に変換し、細いガラス繊維を通じて伝送する光通信システム。当社は光ファイバ草創期に世界で初めて光ファイバケーブルのフィールド試験に成功しました。

現在、当社は光ファイバケーブルの他にも、長距離通信に不可欠な光アンプ励起用レーザ、通信容量拡大に必要な光デジタルコヒーレント用のITLAなども次々に開発し、高速大容量通信を先進技術で支えてきました。

イラン大型送電線工事を完成

当社で最大の海外プロジェクトは、イラン発送電公社から受注した大型送電線工事でした。1978年の契約から1982年の工事完成までの期間には、イラン政治体制の革命、イラン・イラク戦争などの混乱、また、工事区間に水田地帯、森林地帯、砂漠地帯、そしてテヘラン北側の4000m級の山々が連なるエルブルズ山脈を越えねばならないという、まさに数々の難関、試練を乗り越えての一大プロジェクトでした。

そして、工事関連協力会社とも一丸となって、厳しい環境下にもかかわらず、ついに総延長449kmに及ぶ送電線工事を完了しました。

2000~ グローバル展開を加速

東西冷戦終結後の自由貿易圏拡大によって、世界経済のグローバリゼーション化が急速に進む中、当社のグローバル展開も大きく加速しました。2001年には、米国ルーセント・テクノロジー社より光ファイバケーブル部門を買収、光ファイバ市場で一気に世界のトップグループ入りを果たしました。

また、世界最大規模の欧州巨大加速器プロジェクトに当社が開発した最高品質の超電導線材が採用されるなど、当社の技術開発力に世界の注目が集まりました。

米国ルーセント・テクノロジーズ社の光ファイバケーブル部門を買収

欧州合同原子核研究機構より超電導線材で特別賞受賞

「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」に参加

蛍光シリカナノ粒子を用いた高感度イムノクロマト検査キットを開発

世界トップクラスの導電率、カーボン・ナノチューブの開発に成功

ミャンマーに通信工事を中心とするソリューション事業を行う現地法人を設立

米国ルーセント・テクノロジーズ社の光ファイバケーブル部門を買収

かつての「ベル研究所」を源流とする、米国ルーセント・テクノロジーズ社(当時)の光ファイバケーブル部門「OFS」。各種光ファイバ、光コネクタ等に関する世界最先端技術と豊富な特許を有しています。

当社はこの「OFS」部門を2001年に買収、光ファイバの世界トップグループ入りを果たしました。

「OFS」は当社における光ファイバ世界戦略の重要拠点として、これからの成長が大いに期待されています。

欧州合同原子核研究機構より超電導線材で特別賞受賞

当社が長年、研究開発を続けてきた超電導技術の成果が大きく開花したのがこの年でした。

CERN(欧州合同素粒子原子核研究機構)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の心臓部向けに納入した当社の超電導線材。世界最高の電気的特性と機械的特性の均質性を有するニオブチタン成形撚線の量産技術を確立したことが認められ、2003年(平成14年)に当社はCERNよりゴールデン・ハドロン賞を受賞しました。

この研究機関の成果が後の「ヒッグス粒子」発見に繋がるなど、当社の超電導技術が現代物理学に多大な貢献を果たすことになります。

「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」に参加

2011年に発生した東日本大震災。これをきっかけに、改めて自然の脅威へのしっかりした備えやエネルギー問題への対応が求められました。この大震災の復興事業としてスタートした浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業は、福島県沖に浮かんだ浮体式風力発電設備と変電所を複数設置するという壮大な実証研究事業です。

当社は、2012年にこの実証研究事業に参加、洋上の浮体式風力発電からの電力や制御信号を陸地まで送り届ける送電システムの構築を任されました。浮体式風力発電は、常に波浪・潮流を受けるため、海底電力ケーブルにもその過酷な環境下に耐える必要があります。

当社は、その対策として浮遊式の海底電力ケーブル「特高圧ライザーケーブル」を開発し、2013年に世界で初めて、浮体式風力発電設備と変電所の接続に成功しました。

蛍光シリカナノ粒子を用いた高感度イムノクロマト検査キットを開発

当社が開発に成功した蛍光シリカナノ粒子は、ナノサイズのシリカ粒子の内部に蛍光色素を安定的に固定し、その表面にタンパク質などとの結合性を有する官能基を配置した構造で、ライフ・サイエンスに幅広く応用できることが特長です。

これを体外検査薬である蛍光イムノクロマト技術に応用、眼感染症の原因微生物の一つであるアカントアメーバを高感度で検出できる世界初の簡易迅速検査法を開発しました。

さらに2015年(平成27年)には、蛍光シリカナノ粒子を細菌性食中毒菌であるカンピロバクターの新検査薬の開発にも応用、従来検査薬よりも大幅な検査時間短縮と高精度化を実現しました。

世界トップクラスの導電率、カーボン・ナノチューブの開発に成功

カーボン・ナノチューブは、銅の1/5の軽さで鋼鉄の20倍の強度、電流密度は銅の1,000倍という優れた特性を持ちます。この年、当社は信州大学と共同で、世界トップクラスの導電率を有するカーボン・ナノチューブ導体の開発に成功しました。

今後も当社は、カーボン・ナノチューブが持つ高強度、超軽量、耐環境特性などを活かして、電線の軽量化や低損失化に取り組むことで、省エネルギー社会の実現に貢献していきます。

ミャンマーに通信工事を中心とするソリューション事業を行う現地法人を設立

ミャンマーは2010年の民政移管後、国際的な経済制裁措置が緩和されたことに伴い、各種インフラ整備が急速に実行されています。

当社はミャンマーに通信工事を中心とするソリューション事業を行う現地法人を設立。2016年5月に開催された開所式にて、当社取締役会長の吉田政雄は、「本日、古河電工グループのミャンマー初の拠点となるFSSM社の開所式を開催できることは誠に光栄です。高いエンジニアリング技術力と迅速なサービスにより、ミャンマー連邦共和国の経済と社会のさらなる発展にお役立ちできることを強く願っています。」と表明しています。

ミャンマーでの開所式の様子