絶え間ない技術革新により、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

古河電工グループは、「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献すること」を基本理念に、1884年の創業から今日まで、電線・非鉄金属の総合メーカーとして常に社会・産業の基盤技術とともに歩んできました。

電線・非鉄金属から始まった当社の事業領域は、時代のニーズに応え続ける中で拡大し、現在では情報通信、エレクトロニクス、新素材、自動車部品分野などに拡がっています。これらの事業は、100社以上からなる古河電工グループの関係会社とともに推進しており、その活動は世界中に拡がっています。

これからも当社グループは、絶え間ない技術革新によって、当社グル—プの理念として掲げた持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

代表取締役社長柴田 光義